カテゴリー別アーカイブ: 続けてトレーニング

谷川浩司 光速の寄せ

2016年10月26日 水曜日 早朝は晴れていたが昼頃から雨 それほど寒くはない

谷川浩司 光速の寄せ 1〜5巻 日本将棋連盟 平成7年から平成8年

第一巻 振り飛車破りの巻 平成7年
第二巻 振り飛車で勝て!
第三巻 矢倉くずし初級編
第四巻 必勝! 矢倉応用編 平成8年
第五巻 寄せの手筋総集編 平成8年

谷川浩司 谷川流光速の決め手 平成9年

補注 私が大学を卒業する頃だろうか、雑誌の表紙で初めて谷川さんの写真を見たのを覚えている。(私よりも六学年も下だから)驚くほど若く、そしてきっと名人になるだろうと言われていた。谷川さんも(当たり前ながら)私といっしょのペースで歳をとり、今では連盟の会長である。私の方は今から多少勉強したとしても上達はおぼつかないが、私たちへプレゼントされた知的遺産としての将棋本を、幾らかなりとも味わってから齢を重ねてゆきたいと思い、今まで読むことのできなかった谷川本を取り出して通読し始めている。「第三巻の矢倉くずしに比べて、やや高度な寄せ手筋を追究したのが本書(第四巻)の内容。次の一手や実践編など、初級者は変化を追うのが大変かもしれないが、そうした方はなんとなくでもいいから、頭の中で手を追っていただきたいと思う。 頭の中に手を浮かべていれば、やがてそれが少しずつ実際の将棋盤と駒のように動きはじめてくる。それが上達するということなのである。(谷川、同書第四巻はしがきより)」とのこと。なんとなくでもいい・・頭の中で手を追って読み進めてみたいと思う。たとえ結果として上達することが得られなくとも、読み通すことだけは達成したいと思うが、なかなか大変である。

2016年10月26日現在、四巻にさしかかっている。

2016年10月31日 「谷川流光速の決め手」を読了。残るは「光速の寄せ」の第五巻のみ。

2016年11月8日、「光速の寄せ」の第五巻を読了。谷川さんの上記6冊を何とか読み通したことになる。難しい手順が多くて、十分に追い切れなかったところも多いが・・それでもなんとか・・。

*****

2016年11月8日 火曜日 雨 昨日までに降りつもった雪が今日の雨で融け始めている。

桐山清澄 アマの将棋ここが悪い! 1 序・中盤の急所 創元社 1999年
(2016年11月2日・読了。奥付への書き込みを見ると、過去の私が2002年の8月27日に読了しているようだ。上達していないことは本来、反省すべき材料ではあるが、還暦が間近に迫っているこの時期、こと将棋に関しては自らの不出来を厳しくは追及しないこととする。続けているうちに少しはなんとかなってゆくかも・・。とりあえず、楽しみながら読み進めることを意義あることとしたい。)

**

補註 桐山さんの3冊は、レベルが初級向けで読み進めやすい。初段を目指す人にお奨め。(2016年12月9日追記)

桐山清澄 アマの将棋ここが悪い! 2 中・終盤の秘手 創元社 1999年12月6日 読了

桐山清澄 アマの将棋ここが悪い! 3 終盤の極意 創元社 1999年12月7日 読了

**

鈴木大介 アマの将棋ここが悪い! 4 四間飛車戦法 創元社 

青野照市 アマの将棋ここが悪い! 6 棒銀戦法 創元社 2002年

鈴木さんの四間飛車戦法を読み終え、11月8日現在、青野さんの棒銀戦法の「ここが悪い!」を読書中。

補註(2016年12月9日追記)青野さんの「棒銀」は難しくて、一か月後、最後の8,9問を残して、ほぼギブアップ。なかなか前進・上達できない私である。

*****

*****

2016年11月10日 木曜日 晴れ

三浦九段が対局中に将棋ソフトを使ったという疑いで問題になっているということを今朝、家人から伝え聞いた。気になったので、ネットでの情報を調べてみた。明確な情報は得られないが、私が本日現在で得られた情報に基づいて考えた私見は以下の通りである。

1)久保利明さん、渡辺明さん、橋本崇載さんたちの三浦疑惑発言に明確な根拠がない。三浦さんが対局の合間に将棋ソフトを使っていたのを見た人は誰もいない。三浦さんの指し手が将棋ソフトの指し手とかなり一致していることが唯一の根拠である。このことから将棋ソフトが優秀になってきていることだけは言えるが、三浦さんが対局中に使ったという証拠にはならない。

また、持ち時間内である限り、対局中に中座するのは自由である。「不審な中座」というのは思い込みによる不審であることが考えられる。

2)パソコンの遠隔操作・通信などの技術的な証拠について: 三浦さんは、疑惑を晴らすために、ソフトのインストール有無と使用状況などを調べてもらえるように、自身が使っているパソコン4台をすでに連盟に提出している。スマートフォンなどで遠隔操作することのできるパソコンであるかどうか、またそうしたことに実際に使われたかどうかに関しては、それら4台のパソコンに関する技術的な解析で解明できるはずである。(三浦さんによると、スマートフォンの通信記録に関して、ドコモ社からは当日の通信有無の情報は得られないといわれたとのこと。)

3)動機などについて: 三浦さんのようなトップクラスのプロ棋士が対局中に他人やコンピュータの思考を借りるメリットは何もない。加藤一二三さんがおっしゃるように、直感的に、そういうことはけっしてやらないものなのである。対局中には本当に集中することが大切で、そうでなければ失敗が多く、すぐに弱くなってしまうだろう。コンピュータとは違って、人間の頭脳というものを持ってしては、器用な使い分けはできないのである。

一人の将棋ファンとしての私の希望として、(合理的な裏付けを基に)一日も早く三浦さんへの嫌疑が晴れることを願っている。

今回の出来事で考えたこと: 渡辺明さんほどの優れた棋士が、コンピュータの解析ソフトが近年非常に優秀になっていることに実質的な脅威を感じていることがわかった。10年前のお馬鹿なソフトの時代であったなら、今回の疑惑事件のような問題は生じなかったはずである。人間としては、将棋というゲームでコンピュータよりも完璧な指し手を目指すという方向では、近い将来、ある程度までのところで限界に近づくだろう。そして、そこまで極めようとしても楽しくないだろう。コンピュータのある時代ではあっても、知的なスポーツとしての追加ルール(コンピュータの不使用)を決めて、人間同士のゲームで勝ったり負けたり、楽しめば良いのである。

私の生物進化に対する常識的見解としては、これから何百年という短い時間単位では、生物としての人間の潜在能力はそれほど変化(進化も退化も)しないであろう。しかし、生まれてからずっとコンピュータに頼ることで、知的な部分が発達せず、あるいはどんどん廃用性に退化してゆくという事態は避けたいものである。(以上、2016年11月10日追記)

**

*****

********************************************

スリックタイヤのパンク

2010年11月25日

朝の出勤のため自転車を玄関に持ち出した折りに、後輪がペシャンコなのに気づいた。昨日たまたま自転車を部屋まで持って上がり、ハンドルまわりを片付けたり、サドルを付け替えたり、どろんこ汚れを掃除したり、簡易のフェンダーを取り付けたり、といった作業を行った。その折りに後ろタイヤにガラスの様なトゲがいくつも刺さっているのを見つけた。目で見て、取り除けられるものは丁寧に取り除いたつもりだった。が、今朝はすっかり空気が抜けていたのである。

出勤は少し遅れてしまうが、チューブの交換をすることにした。とりだしたチューブに空気を入れてみても、耳を当てただけではどこに穴が開いているかわからなかった。そこで、洗面所で水を溜めてチューブを突っ込み、チューブからの泡で傷口を同定。昨夜はタイヤに複数のトゲが刺さっていたことでもあり、調べて見たところ、タイヤにも該当する箇所に一致して鋭い傷があり、内側まで貫通しているガラスの様なトゲが刺さったままであった。外側は先端が折れて見づらくなっていた。昨日は抜き損ねたのだ。トゲは石英の小石のような質感であったが、恐らく車道の路肩を通行中に拾ってしまったガラスの破片であろう。昨夜の帰途に、破片が散らばっている場所を運悪く通過してしまったのであろう。前輪も心配ではあるが、今回ははっきりしたトゲは見つからなかった。

26インチのハードテイル・マウンテンバイクのタイヤを1.95インチのブロックタイヤから1.25インチのスリックタイヤに交換したのが、9月のことだ。それから2か月余りで700kmほど走行しただけなのに、すでに2度目のパンク。ブロックタイヤは3シーズン5000kmも乗ってきたのに一度もパンクを経験しなかったことを考えると、スリックタイヤはパンクの原因を拾いやすいものだと実感した。

通勤はほぼ完全に舗装道路のため、ブロックタイヤはオーバースペックである。が、パンクしにくいという点では大きなメリットがあることがわかった。5000kmも乗って、さすがに後輪のタイヤの中央はすり減ってきたものの、前輪のタイヤはまだまだ3000kmぐらいは平気で乗れそうである。

もちろんスリックタイヤのおかげで走行が若干軽快であるのは嬉しいことである。1.25インチ(32mm)はかなり太めのタイヤに見える。よって安定感はある。実際、段差の乗り越えや道路の亀裂などに関しては、スリックタイヤ1.25インチでも、危険を感じたことはなく、全く問題なくて700kmを乗ってこれた。

これがロードバイクの23から25mmのタイヤだと、段差の乗り越えや格子の蓋(縦溝)の通過は、少し心配。ただし、今のところ私のロードバイクは2500kmの走行で一度もパンクを経験していない。ビギナーズラックに過ぎないかもしれないが。現にL氏のクロスバイク(700cx28タイヤ)のチューブは、走行距離が少ないのに、すでに3回も交換している。

パンクへの対処はチューブ交換の手際が良くなったせいでずいぶんと簡単に行えるようになった。さらにもう一度空気が抜けてしまう危険があると考え、今朝は、ポケットに換えのチューブとタイヤレバーセットを入れて、家を出た。特に問題なく11.5kmの道のりを終え、職場で仕事を開始。職場に着いてからわかったのだが、今朝はせっかくチューブやレバーを持参したのに、空気入れを持ってくるのを忘れていることに気づいた。これではいざというときに頼りなく、持参品も用をなさない。セットにして常時持ち歩くものを決めておくことが大切だろう。

それともスリックタイヤをやめてブロックタイヤに回帰して余分な修理セットを持ち歩かない方が潔いか? それとも、ブロックタイヤでもやっぱりパンク交換ぐらいのセットは常時持ち歩くべきか、スタイルのある選択をしてゆきたいところである。

 

*****

 

2010年11月25日付けのWEBページより再掲

********************************************

雨の中の自転車通勤

 

 

2010年10月5日 火曜日

昨日に続いて今日も雨模様の朝。昨日は地下鉄で通勤したのであるが、今朝は自転車で行ってみることにした。家を出て漕ぎ出してみると、雨の粒が大きめで、昨日よりはずっと強い雨であることに気づいたが、風もなく、まずまずの通勤日和ということにして、ゆっくり漕いでいった。東札幌までは23分。いつもよりもずっと遅いのであるが、安全が重要。先週、自宅の室内に自転車を持ち込んでブレーキの遊びの調整を行ったのが、上手にできたようだ。ただし、雨のせいで制動が悪くなっている。このようなコンディションではスピードをできるだけ落として進むべきだ。ディスクブレーキにした場合には、雨の日の制動は改善されるのであろうか?

先日からセッレSMP-hybridのサドルを装着して乗り心地を試している。お尻がぴったりと落ち着いて、座って漕いでゆくには非常に安定している感じだ。ただし、通勤の10数キロの距離を乗っただけでは、ロングライドの時にどんな感じか、痛みがでないかどうか、など予測はつかない。週末に天候が許せば少し遠くまで乗ってみたいと思う。

ちなみに、ほぼ同時期に、セッレ・イタリアのスポーツアラーというシリーズの革のサドルをロードバイクにつけて試乗している。こちらは、SMP-hybridよりも手触り押した感じがずっと柔らかいにもかかわらず、乗ってみるとずっと堅めに感じるので意外であった。座面と座骨との当たり具合によるものであろう。これも少し長時間長距離を乗ってみないと私の身体にあっているかどうか予測がついていない。

職場についてレインコート、レーパンなどを着替える。身体の前面にはほとんどハネが飛んでいなかったので楽観していたが、背中をみれば全面にモーレツなドロハネを浴びており、満員のエレベータなどに乗ったりはできない状況であった。雨の日でも時々は自転車に乗るということであれば、少なくとも後ろのタイヤにはドロヨケを装着したいところである。

また、靴がびしょぬれで、靴下、足底のサポーターソルボに至るまで水没していた。まだ十月で、気温が高く、大丈夫であるが、もう少し冷えてくれば、この状況は対策が必要であろう。靴下の着替えも必須であろう。

自転車による雨の日の通勤は、晴れた日に比べればそれほど快適なものではないが、電車や地下鉄などにうつむいて乗っていることに比べれば、ずっと爽快で生きている感じがある。タイヤ幅広め1.25インチのマウンテンバイクは街乗りでは十分に安定しており、ゆっくり安全に気をつけて走れば、交通事故などに関しては、まずは大丈夫そうだ。所要時間も晴れたときの自転車と比べて、耐え難いほどの大きな差は無い。ただし、今日のような雨はひどくても風のない穏やかな日は、比較的稀であろうし、自転車に乗ることを控えるべき状況の時は手控えるという冷静な判断が大切であろう。

職場に着いて、自転車から降りたところで、皮肉なことに、雨もやんでしまった。雲間からお日様も光を届けてくれた。ということは、時間が許せば、景色のよい木陰などでゆっくりと止まって俳句の言葉など想いながらのんびりやすんでいれば、大粒の雨にもそれほど打たれなかったかもしれなかったのだ。退職したら、そんな感じで、快適に雨宿りする境地に遊びたいものである。すなわち、通勤も卒業の日を迎えたいものだ。遡って考えれば、自転車通勤も、目的地にたどり着くことを目指すのではなく、自転車に乗って過ごす時間自体を楽しむこと、退職するまでもなく、今からこの境地を理想としてゆきたいと考える。あれ? もともと今日もそんな感じですごしてしまったかもしれない。(実は、これから仕上げなくてはならない仕事が山積みなのだが)
*****

 

以上、2010年10月5日付けのWEBページより再掲

 

********************************************

自転車でのんびり高速散歩

 

2012年8月28日火曜日

昨日は夕方5時過ぎからロードバイクでサイクリングロードへ。恵庭の堆肥供給センターまで片道18km、往復で37kmぐらい。広い空の雲の姿を見るだけでも、本当に美しく、喜びを感じる。風を受けて走ること自体が嬉しい。何が得られるというわけではないけれど、こうして自転車で進むことに生き甲斐がある。小型の写真機S100をポッケに入れて来たので、折り返し点のイザリ川(漁川)の手前から西に向かって撮影。恵庭から夕焼けを札幌岳や手稲岳の方角に眺めた。広い水田では、2週間ほど前に出てきた稲穂が今は少し重そうに垂れてきている。この暑い夏に感謝したいような豊作の晩夏。恵庭・千歳の空は広くて、自動車にもほとんど出会わず、開放感がある。帰り道は北広島の駅辺りではもう暗くなってしまい、ライトを点灯してのんびりと走った。キツネ・タヌキに会えるかなと楽しみにしているのだが、気配なし。どこにでも潜んでいるようでいつでも会えるような気がするけれど、今年は一度も会えていない。自転車に乗る回数が少ないから会えないのだろう。

筋トレでスクワットを95kg挙げた翌日に自転車(カルディオ)37kmは余り推奨されることではないけれど、それでもこうして自転車によるのんびりとした高速散歩は大きな楽しみである。両立させるべきだろう。こんなに優秀なロードバイクに乗っているのだからもう少し速く進めるように心肺足腰を鍛えてゆけば良いと思う。今は背中のポッケに入れている200gの写真機も結構腰に効いて疲れてくるのだ。もう少し持久力もつけば良いと思う。

*****

 

以上、2012年8月28日付けの日記より

 

********************************************

 

 

 

足底腱膜炎

 

足底腱膜炎 Plantar fasciitis

 

2010年8月17日

 

ここ数週間は左足の足底の痛みで不自由している。右が大丈夫なのでずいぶん楽だ。現在、足底にサポーターをしている。このサポーターのおかげでだいぶ緩和され助かっている。

原因に関しては、これといってはっきりしない。幾つかのいけない状況が重なったためかもしれない。

リハビリとしては、アキレス腱と足底筋膜のストレッチをすると回復を早め再発を予防する、と書かれている。

********************************************