読書ノート

無法化国家が林立するようになればワン・ワールド樹立まではあと一歩。

2022年9月23日 金曜日 雨

馬渕睦夫 知ってはいけない現代史の正体 SB新書 2019年

イスラム教徒への憎悪を煽って社会を分断

・・戦争や紛争を起こすことで過激派の力を伸長させ、国の秩序を破壊し、国民を分断して無法状態をつくり出そうというのです。ISISは国家を無法化する役割を担っていると言うことができるでしょう。無法化国家が林立するようになればワン・ワールド樹立まではあと一歩です。なぜなら、人間には無秩序よりも独裁政権による安定の方がまだましだとの心理が存在するからです。アメリカがISISを支援してきた理由は、まさにこの点にあるのです。(馬渕、同書、p177)

**

*****

*********************************

RELATED POST