community

まちで闘う方法論 自己成長なくして、地域再生無し

2019年11月24日 日曜日 晴れ(ブドウの剪定も後半戦に入ってきた。リンゴの冬囲いも進めなくては。)

木下斉 まちで闘う方法論 自己成長なくして、地域再生無し 学芸出版社 2016年

小さな成果を一刻も早く出す

 解決策はシンプルで、「さっさと成果を出すこと」、そして「中期、長期でそれぞれ実を結ぶことを区分して進めること」の2点です。まずは筋を通しながらも手堅く成果を生み出せる方法を実行しつつ、その上でより難易度の高い上位の課題へと進んでいく二段階作戦です。(木下、同書、p44)

**

稼ぐことと向き合う

 地域での取り組みにおいては、人のためになることをやりたいと言いながら稼ぐことに後ろめたさを感じる人や、金儲けを不得意だと思っている人が少なからずいる。しかし、本当に「人のためになること」には「しっかり稼げること」が多い。黒字を生み出すしくみそのものを地域に生み出すことが、将来への力になっていく。(木下、同書、p55)

**

*****

********************************************