science

ギブスの自由エネルギーG

2016年6月26日 日曜日 雨

都筑卓司 なっとくする熱力学 講談社 1997年

ネゲントロピー

小さいほど良いもの、大きいほど良いもの
 温度差のあることを、エントロピーが小さいという。あるいは負のエントロピーが存在するともいわれる。「負の」はネガティブだから、エントロピーの符号を買えたものをネゲントロピーともいう。(都筑、同書、p205)

*****

ギブスの自由エネルギーG

エントロピーS  S = ⊿Q/T
束縛エネルギーTS
ヘルムホルツの自由エネルギーF  F = E – TS
エネルギーに仕事をも含めた量としてエンタルピーH  H = E + pV
エンタルピーから束縛エネルギーTSを引いたものをギブスの自由エネルギーと称してGで表し、

G = H – TS = E – TS + pV = F + pV

で定義される。・・・(中略)・・・ Fはエネルギーのうちでも価値の高い部分、Gはエンタルピーのうちの価値の高い部分と考えればいいが、前者は固体と液体の場合、後者は圧力を問題とする気体(ときには液体も)について用いられることが多い。(都筑、同書、p209)

*****

********************************************