学ぶこと問うこと

短くまとめる 続報

 

 

2004年9月3日

短くまとめる、続報

昨日、当部のホームページを調べる際に、立ち止まって、昨年の秋に書いた「短くまとめる」を読み返してみました。なかなか面白く読めます。試しにGoogleで「短くまとめる」で検索してみたら、私のページがトップに出てきたので、感動してしまいました。そこで、先日ホームページに載せた「高機能素材ウェアの飛躍的発展」を「短くまとめる」とどうなるか、そのテクニック(?)をご紹介したいと思います。ちょうど、800字にまとめてみました。短くなってつまらなくなった、という感想と、すっきりして読み通せる内容になった、という感想と、両方の読者がいらっしゃると思います。さて、あなたの感想はどちら?

*******

高機能素材ウェアの飛躍的発展(800字バージョン)

雪解けを待って、早速トレーニングだ。朝早く起きて、円山に登りに行く。山頂は海抜225メートル。北海道神宮裏のお稲荷さんのある登り口まで10分。登り口から山頂までが20分。1時間で行って帰って来る。30年前に比べて大きく変わったのは、ウェアの著しい進歩だ。最近の高性能アンダーウェアの素材はほとんどが化学繊維だ。今年の春は、クールマックス素材のシャツを購入。汗を良く吸って、乾きが速い。涼しく、気持ちがよい。綿は、肌触りの心地よいのだが、一度吸った水分を放出するのが苦手、乾くのが極めて遅い。汗をかいたらすぐに着替えないと体が冷えてしまう。しかし、今は、クールマックスなど高機能素材ウェアに助けられて、めったに風邪を引かない。

クールマックス素材は、ポリエステルの繊維に4つの溝をつけたもの。この溝によって吸湿性が高まり、同時に表面積も広がり速乾性も生まれる。1986年に開発された。この頃の繊維業界では、繊維を作ることに行き詰まって、異業種への転換に活路を見いだそうとした企業も多かった。現状の繊維製品で十分に消費者を満足させている、そういう行き詰まり感が業界を覆っていた。しかし、そのような中で、クールマックスのデュポン社、ポーラーテックのモルデンミルズ社などは、ポリエステル繊維を研究開発して、世界中の人々に愛される高機能製品を世に問うた。

私たちの生物・医学分野も、ポストゲノム時代と呼ばれ、どの領域を訪ねてみても、すでに十分に掘り返されて、どこにもフロンティアが見当たらない。しかし、本当にフロンティアが無くなったのか? たとえば進行して見つかった脳腫瘍、膵癌や肺癌、30年前と今とで全く変わりなく、治癒につながる有効な治療法はない。病に苦しむ患者がいるところには、本当の「必要」が間違いなくある。治療法の開発を目指す私たちは、目を逸らすことなく、研究を続けてゆきたい。

*******

<以上、2004年9月3日付けWEBサイトより再掲>

********************************************