カテゴリー別アーカイブ: 読書ノート

果樹カメムシは「種子カメムシ」

2017年9月20日 水曜日 曇り時々小雨

堤隆文 果樹カメムシ おもしろ生態とかしこい防ぎ方 農文協 2003年

「種子カメムシ」
 ・・彼らが木の実の種子を本来の餌とする「種子カメムシ」ということにあります。
 典型的には、成虫が餌にする植物は、・・100種以上が知られていますが、発育した幼虫が恒常的に見られる寄生植物は案外少なく、チャバネアオカメムシでは二〇種、草木カメムシでは一〇種、ツヤアオカメムシではわずか三種です。果樹カメムシの幼虫が発育できる餌は限られており、針葉樹の球果やサクラ、クワ、サンゴジュ、ウメモドキなどの”種子を吸汁できる果実”以外では成虫までそだちません。(堤、同書、p23)

堅い種子が吸える針のような口
・・カメムシの口針は「大腮(だいし)」と「小腮(しょうし)」の二つの部分に分かれていて、「大腮」の先端にはノコギリのような歯が三〜四個あり、続く部分がヤスリのようになっています。一対になっているこの「大腮(だいし)」をノコギリのように使いながら種子に穴を開け、中を細かく砕きながら管状の「小腮(しょうし)」を挿入して、唾液を分泌して溶かした種子の成分を吸汁します。これで堅いクリの実なども平気のへいざです。(堤、同書、p25)

**

ベストタイミングこそベストテクニック
 果樹カメムシ防除の最高の散布テクニックは、今晩飛んでくるカメムシのために日中に薬剤散布することです。このへんの感覚をつかまなくてはうまく防げません。(堤、同書、p108)

**

*****

********************************************

子嚢胞子・分生胞子ともに、分散するきっかけは降雨

2017年9月18日 月曜日 敬老の日 台風一過(雨のち晴れ・曇り)

梅本清作 ナシ黒星病 おもしろ生態とかしこい防ぎ方 農文協 2013年

子嚢胞子が分散するきっかけは降雨。
子嚢胞子の射出には雨が必須で、雨で葉が十分に濡れたのち射出されます。(梅本、同書、p32) その様は、まるで大砲から弾が撃ち出されるようで、まさに「射出」という言葉がぴったり、顕微鏡で見ているととても興味深いものです。(梅本、同書、p32)

分生胞子飛散の引き金は?
相当強い風や振動を与えても(分生)胞子はほとんど飛散しませんでしたが、水を霧吹きで与えてやるとただちに大量に飛散し始めました。分生胞子の飛散にも子嚢胞子と同様に、雨または病斑の濡れが必須だと確認できました。(梅本、同書、p40)

**

*****

********************************************

アザミウマの産雄性単為生殖と薬剤抵抗性

2017年9月17日 日曜日 曇り(台風18号が接近中とのこと)

多々良明夫 チャノキイロアザミウマ おもしろ生態とかしこい防ぎ方 農文協 2004年

**

二つのステージをもつアザミウマの蛹

蛹(サナギ)=二つのステージをもつ
 アザミウマ類は不完全変態の範疇に入るが、何も食べない蛹になるステージがあり、まったくの不完全ともいてない。「完全変態」との間に位置している。
 また、この蛹の時代、アザミウマ類は動く足があって、少しなら移動することもできる。チョウやコガネムシの蛹にはないアザミウマ類の特徴だ。
 ・・・(中略)・・・
 何も食べないのに、二つも三つも蛹のステージをもつことにいったいどんな意味があるのかと思うが、いずれにせよ、最初の蛹のステージを一齢蛹、次を二齢蛹と分けて呼んでいる。(多々良、同書、p45)

**

産雄性単為生殖
メスしかいなくても子孫は残せる。ただし生まれるのは皆、オスである。つまり受精するとメス(一部はオス)、しないとオスになる。これを「産雄性単為生殖」といい、アザミウマ類だけでなくハダニなどでも広く見られる。(多々良、同書、p49)・・農薬散布下においては、両性生殖よりかなり速いスピードで抵抗性が発達することになるのだ。(同、p51)

**

チャノキイロアザミウマの防除で合ピレを用いる場合は、ハダニにも効果のある剤を選ぶ必要がある。 しかし、チャノキイロアザミウマやハダニは抑えられたとしても、代わりに、ただの虫や天敵は大量に死んで、長期間その回復が抑えられてしまう。合ピレ、有機リン剤の欠点だ。(多々良、同書、p77)

**

多くの虫がごちゃごちゃ残る空間つくりがチャノキイロアザミウマ防除に有効である。(多々良、同書、p93)

**

*****

********************************************

滅びの都:全体主義の終末的ディテール

2017年9月15日 金曜日 晴れ

滅びの都:全体主義の終末的ディテール

アルカージイ・ストルガツキー ボリス・ストルガツキー 滅びの都 佐藤祥子訳 群像社 1997年

**

補註 原著の出版は1988年。書かれたのは1970-1972、1975、1987、とある。訳書で500ページにも及ぶ大作であり、実は読み始めたのは「ストーカー」を読んだ直後、おそらくは2年ほども前のことであるが、なかなか読み進めにくく、今ようやく全篇を読み終えたのである。

**

われわれが作品の構想を練りはじめたのは1968年で、この小説がわれわれの存命中に発表されることがまずありえないことは最初からわかっていた。(ボリス・ストルガツキイ、まえがきにかえてーー日本の読者へ、本訳書、p5)

これまでの理想はことごとくかき消え、足元を支えるイデオロギーは消滅した、だがこれから先も何とか生きていかなければならないーーただ飲んで、食べて、気晴らしをするだけでなく、何か大切な目的を追求し、生きることのなかに何か気高いものを求め、食べるために働くのでなく、働くために食べるのでなければならない。だが何のために? われわれの世界はどこへ行くのか? それはどうなるべきか? またわれわれはどうなるべきか? (同上、p6)

**

よい造りだ、きれいだ、おれたちのよりよく出来ている。暮らしぶりも概ね悪くなかったらしい。だがそれでも消滅したんだ・・。・・・何年も暮らして、何年も建設して、自分たちのガイガー・・愛すべき飾り気のない人を賛美して・・。その結果がこのとおり、無だ。まるで誰もいなかったみたいだ。骨ばかりで、しかもなぜか、これだけの移住地にしては、数が少ない・・。こんなわけです、大統領閣下! 人間は予定を立てるだけで、神が何か波紋のようなものを放てば、一切はおじゃんになるのだ・・。(ストルガツキイ兄弟、同書、p433)

**

「都市」のあり方をもっとも皮肉に寓意的に表している部分は、「都市」の住民が定期的に自動機械に職業と配置を決めてもらい、各人は同じ職業、地位に長くとどまることが禁じられているというくだりだろう。専門家をつくらない、つまり個々人を特性をもたない交換可能な部品にするということである。だが同時にそれとはまったく別にもうひとつの人事のシステム、幹部人事のシステムが働いており、それこそが最終的にすべてを統轄し決定していることも行間にはっきり語られている。(佐藤祥子、同訳書、解説p502)

**

「全体主義」
・・ここには全体主義の終末的ディテールが暗喩のかたちでびっしり描き込まれ寓話の絵巻をかたちづくっている。
 まず動機は何であれ、地球上の各地から流れてきた個々ばらばらな人間たちが「万人の幸福」の実現という一つの「偉大な」目的のもとに個別性を無視してまとめられ、滅私奉公に働いている。このユートピア実現の道のりでは如何なる「なぜ?」もあってはならないーーという「都市」の設定は全体主義の設定そのものである。ここに「都市」の団結を固めるための仮想敵「アンチ都市」が付け加えられれば条件は完璧に揃う。(佐藤祥子、同、p502)

**

*****

********************************************

革命によるカーニバル的転倒の暴力性・非人間性

2017年9月14日 木曜日 降り続く雨(ときに陽射しもあり)

ミハイル・A・ブルガーコフ 犬の心臓 水野忠夫訳 河出書房新社 (原著は1925年に執筆;文学の集いでブルガーコフ自身が朗読、1926年には原稿は押収され、原稿が作者の手元にもどされたのは1930年;初めて活字になったのは1968年・西ドイツ;ソ連国内で公刊されたのは1987年、1989年;日本語の水野訳は、1971年初版、2012年・復刻新版)

**

自然と平行して研究を進める vs 無理に問題をでっちあげる

「・・ぼくはこの五年間、脳から脳下垂体を取り出して、ずっと研究しつづけてきた・・ぼくがどのように仕事をしてきたか、きみはしっているね、想像に絶する仕事だった。そこでいま、きみにたずねるが、それは何のためだったのだ? ある日、可愛らしい一匹の犬を、それこそ身の毛もよだつほどいやらしい人間にしてしまうためだったとは!」
「なにかしら異常なことがあったのです!」
「そう、ぼくはその考えに全面的に賛成だ。それがどうして起こったかといえば、きみ、研究者が自然を感じつつ、自然と平行して研究を進めるかわりに、無理に問題をでっちあげ、カーテンを持ち上げようとしたためなのだ。そのためにシャリコフのようなのができてくるのだ、彼なんか粥に入れて食ってしまえというわけだ」(ブルガーコフ、同訳書、p171)

**

 ここで注意を要するのは、この物語では人間が犬の性格を帯びて野卑になるわけではなく、元来善良と言ってもいい犬に、下品な人間の性格が乗り移るということだろう。(沼野充義、同訳書、解説p218)

「原稿は燃えない」
 このように、「犬の心臓」はソ連社会の不条理をグロテスクに諷刺しただけではなく、笑いを噴出させるようなカーニバル的活力を備えている。だからこそ、いま読んでも、当時のソ連社会の文脈を超えて、新鮮であり続けているのだろう。・・「犬の心臓」は、カーニバル的転倒の芸術的な可能性を十分に活用しているという意味ではカーニバル的文学だが、それと同時に、思想的には革命によるカーニバル的転倒の暴力性・非人間性を批判した「反カーニバル文学」の様相も示すことになる。この作品の奥行きの深さと評価の難しさは、まさにこの二律背反的な課題をブルガーコフが鮮やかに遂行しているということから来ているのではないかと思う。(沼野充義、同訳書、解説p221)

**

補註(ネタバレ注意!) 2017年9月15日
「犬の心臓」が書かれたのと同じような時期に書かれたSF作品として、すでにこのブログでも紹介したことのある「ロボット」、それから「われら」、などを連想する。「ロボット」や「われら」の設定が、テーマが必然的に抱えている本質的に難しい問題(解決不能問題ともいえる)を中心に組み立てられているのに対し、このブルガーコフの「犬の心臓」は、その難題がひょっとすると「なかった」かもしれないような偶然・岐路も可能である。というのは、この小説では、犬に移植された人間の組織(ここでは脳下垂体と性腺)によって犬が人になってしまうのだが、その<イヌ→人>がその時代の人間社会での優等生に成長するという可能性もストーリーとしては十分あり得るからである。その場合には、この小説はすっかり様変わりした方向へ進んでしまう。ならば、この「犬の心臓」が抱えている本質的なストーリーの岐路は、「人を教育によって善へ導けるかどうか」というところへ収束してくる。惨めな生い立ちで厳しい環境を生きてきた俗悪な人といった<イヌ→ヒト>シャリコフが突然に教授の前に現れたとして、このヒト・シャリコフを教授にとって望ましい人・シャリコフへと教育(環境)によって変えられるか否かというテーマである。

「犬の心臓」では、手に負えないほど酷いシャリコフの振る舞いに耐えられなくなって、教授たちは再手術を施してシャリコフをもとのイヌに戻してしまう。もともとイヌだった人間をイヌに戻すだけだから刑法や倫理にとっては難しい課題であるが、それは今は重要な問題ではない。「イヌの心臓」のストーリー展開としては、言葉による教育を放棄して生徒や学生に体罰を加える教師・教授に対応する。あるいは、重い罪を犯した人間に対し死刑を執行する社会に対応するだろう。

おそらくブルガーコフ自身はこの小説で「教育の可能性」などをテーマとしているつもりはなかったと思うので、上記の問題にこれ以上立ち入ることは避けたい。

**

*****

********************************************