literature & arts

歳開けてたちまち五日 吾が生ゆくゆく歸休せんとす

2016年4月7日 木曜日 曇り

一海知義 漢詩一日一首 平凡社 1976年 p12

陶淵明

遊斜川  

開歳倏五日,
吾生行歸休。
念之動中懷,
及辰爲茲游。
氣和天惟澄,
班坐依遠流。
弱湍馳文魴,
閒谷矯鳴鴎。
迥澤散游目,
緬然睇曾丘。
雖微九重秀,
顧瞻無匹儔。
提壺接賓侶,
引滿更獻酬。
未知從今去,
當復如此不。
中觴縱遙情,
忘彼千載憂。
且極今朝樂,
明日非所求。

*****

斜川(しゃせん)に遊ぶ (訓み下しは一海、同書、p12より)
                       
歳開(あ)けて  倏(たちま)ち 五日
吾が生  行くゆく 歸休せんとす
之れを 念へば  中懷を 動(ゆる)がし
辰(とき)に及びて  茲(こ)の游(ゆう)を 爲す
氣は和して  天 惟(こ)れ 澄み
坐を班(わか)ちて  遠流に 依(よ)る
弱湍(じゃくたん)  文魴(ぶんぼう) 馳(は)せ
閒谷(かんこく)  鳴鴎(めいおう) 矯(あ)がる
迥(はる)かなる 澤に  游目を 散じ
緬然(めんぜん)として  曾丘(そうきゅう)を 睇(なが)む
九重(きゅうちょう)の秀(ひい)でたる  微(な)しと 雖(いえど)も
顧み瞻(み)れば  匹儔(たぐい) 無し
壺を 提(さ)げて  賓侶(ひんりょ)に接し
滿を引きて  更(こも)ごも 獻酬(けんしゅう)す
未だ知らず  今 從(よ)り 去りて
當(まさ)に復(ま)た  此くの如くなるべきや不(いな)やを
中觴(ちゅうしょう)  遙かなる情を 縱(ほしいまま)にし
彼の  千載の憂いを 忘れん
且(か)つは  今朝の樂(たの)しみを 極めよ
明日(みょうじつ)は  求むる所に非ず

*****

**********