culture & history

善人は吾得て之を見ず

2016年11月12日 快晴の小春日和(美作にて)

加地伸行 論語増補版 全訳注 講談社学術文庫1962 2009年

**

子曰く、善人は吾得て之を見ず。恒有るものを見るを得ば、すなわち可なり。・・難いかな、恒あること。(加地・訳註「論語」、p160-161)

善人(人に影響を与えうるような、生まれながらの善き人柄の人)、こういう人と出会うことはとてもできない。しかし、せめて自分の気持ちに揺るぎのない者と出会うことができれば、それでよしとしよう。・・難しいなあ、心構えの揺るがぬありかたは。(加地訳、同書、p161)

**

*****

********************************************