読書ノート

ヨーグルティア発酵槽

私の前にある鍋とお釜と燃える火とヨーグルティア  2019年1月23日

TANICA ヨーグルティアS ガラス容器セット (グリーン) 温度調節(25~70℃) ・タイマー・ブザー付ヨーグルトメーカー 1200ml YS-01G-G タニカ電器(TANICA)

購入させていただいて,その日早速ヨーグルトを作りましたところ、とても美味しいヨーグルトができました。容器の大きさもちょうどよいと思いました。温度が1度刻みで設定できるところが高性能です。仕事の都合などで取り出せるまでの時間が標準より長くなりそうなときは、設定温度を少し下げて時間を少し長くするなど調節できます。
 スタンドがなくても卵をきっちり立ててつめたところ、温泉卵も美味しくできました。
 調子に乗って白味噌にも挑戦しました。昨年家庭菜園で取れた無農薬大豆が少しございましたので、軟らかく煮て潰してこうじと混ぜてしかけましたところ、簡単に大豆の香りのする味噌になり、驚くばかりでした。
 ガラス容器が2つありますので、これから一つは納豆専用として使ってゆきたいと思っています。
 石垣りんさんの詩「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」 は、母・祖母・またその母たちとのつながりを台所仕事から思い起こす内容ですが、これから、私の前にはヨーグルティアもおいて、発酵食品を手作りしてきた東アジア照葉樹林文化の生活の系譜を感じながら暮らしてゆきたいと思います。

**

補註: 家人が製品レビュー欄に投稿したものを転載。一方、私の畑作業の方では、枯草菌・納豆菌を増やして、作物の灰カビ被害予防に上手に使いたい・・・2019年度のメイン課題のひとつ。家人の協力&出動を要請している。

**

*****

********************************************