biography

高い愛の山巓に立って、愛のうたをうたいつづけた高村さんは実に見上げた人であった。

2020年3月4日 水曜日

奥平英雄 晩年の高村光太郎 二玄社 1962年

あるとき高村さんは私に、「きみはぼくが独りぼっちでいるのを淋しいだろうと思うかね。ぼくはこうして独りでいても、いつでも千恵子と話しているんだよ。だからぼくはちっとも淋しくなんかないよ」。またあるとき、「ぼくは千恵子を思いだすなんていうのじゃなくて、千恵子はちゃんとぼくのからだの中にいるのだよ」と語った。・・高い愛の山巓に立って、愛のうたをうたいつづけた高村さんは実に見上げた人であった。(奥平、同書、p194-195)

**

*****

********************************************

RELATED POST