亡者の追善には何事か勝利多き?

2018年2月23日 金曜日 晴れ

改訂 徒然草 付き・現代語訳 今泉忠義訳注 角川文庫 昭和27年(私の持っているのは改訂95版・平成21年)

亡者の追善には何事か勝利多き?

**

徒然草 第二二二段
・・亡者の追善には、何事か勝利おほき?
・・称名を追福に修して巨益(こやく)あるべしと説ける経文を見及ばねば・・本経のたしかなるにつきて、この真言陀羅尼をば申しつるなり。(同書、p170)

補註 乗願房宗源、法然の弟子。死者の追善に称名念仏が役立つか否か? また、その根拠は?

**

*****

********************************************

鎮魂慰霊の仏教 vs 自己救済の仏教

2018年2月22日 木曜日 晴れ

阿満利麿 法然の衝撃 日本仏教のラディカル 人文書院 1989年

鎮魂慰霊の仏教 vs 自己救済の仏教

 ・・柳田国男は、日本に定着した仏教には、二種類があることを強調していた。一つは、死者の鎮魂慰霊に役立つ仏教であり、他は、生きている自己自身の安心のための仏教である。後者は「自家用の念仏」とよばれ、具体的には、法然に始まる専修念仏をさしていた。柳田自身は、専修念仏には共同体の信仰を破る点があるとして、強く反発するところがあり、共同体の維持の上で、つまりは祖先崇拝に役立つ鎮魂慰霊の仏教を高く評価している。・・・(中略)・・・
 ただここで強調しておきたいことは、鎮魂慰霊の仏教、つまり葬式仏教は、日本の仏教史では主流ではあったが(今もそして今後も主流であろう)、それではどうしても救われない「個人の問題」が残るという事実なのである。
 そして、・・「個人の問題」は、究極的には、死者祭祀という儀礼、あるいは死者霊を浄化する威力というものでは、解決することができない。宗教は、決して死者祭祀や祖先崇拝に終わるものではない、それらは、宗教の重要な一面ではあるが、あくまでも一面なのである。むしろ、死者祭祀に代わる救済原理を提出することができる点にこそ、宗教の真骨頂がある。仏教もまた、その意味で宗教なのである。日本の歴史では、このような救済原理はさまざまに提唱されたが、もっともひろく民衆に開かれた原理は、法然を待ってはじめて出現したのであった。(阿満、同書、p26-27)

 ・・宮古島の仏教化の始まりに触れることで、私は、そもそも日本の仏教自身が、その出発点においてどのような問題をはらんでいたかを、はるかに時間を隔てているにもかかわらず、なにか実感できたように思われたのである。 さて、ここから私の思いは、二つの方向へのびる。一つは、一挙に古代へさかのぼり、仏教伝来当時、仏教がどのように受容されたかを知ること。二つは、仏教儀礼とユタの両者を必要とする問題から、神と仏の共存という、日本宗教史を貫く信仰形態をあらためてふりかえってみること、である。いずれも、私の心づもりとしては、法然の革命性を明確にとらえるための前提なのである。(阿満、同書、p27-28)

**

*****

********************************************

編者不明・六百余年も埋もれていた「今昔物語集」

2018年2月21日 水曜日 晴れ

今昔物語集 ビギナーズクラシックス日本の古典 角川ソフィア文庫 武田友宏・角川書店編 平成14年

**

・・しかし、歴史の闇に隠れる理由が不明瞭なのだ。もしかしたら、編集の責任者が落命するような不測の事態が発生したのではなかろうか。編集事業を後継できないような決定的な事件が起きたのではなかろうか。・・・(中略)・・・
・・編集を挫折させるほどの事件といえば、一千百八十(治承四年)の南都焼亡がまず思い浮かぶ。この時、重衡の平家軍に東大寺も興福寺もほとんど根こそぎ焼き払われた。・・もっとも、これは妄想の域を出るものでは決してないが。(同書、解説、p258-9)

・・こうした「今昔物語集」の構造や説話の形式からも、論理的で明晰な頭脳を持つ編者の風貌が想い描かれる。彼の国際的な視野の広さ、柔軟な思考は、現代においても十分敬服に値しよう。十二世紀に、これだけの祖先いや国際人がいたことを、私たちは誇りに思わなければならない。(同書、解説、p261)

*****

********************************************

モーム メリーゴーラウンド Maugham’s characters share a great capacity to make themselves unhappy

2018年2月20日 火曜日 雪

モーム メリーゴーラウンド 1904年
The Merry Go Round  By: W Somerset Maugham
* Narrated by: Eve Karpf
* Length: 12 hrs and 33 mins
* Unabridged
* Release date: 12-03-12
* Language: English
* Publisher: Audible Studios

モーム メリーゴーラウンド a great capacity to make themselves unhappy

補註  ネットで以下の書評欄を見つけたので読んでみた。

https://swiftlytiltingplanet.wordpress.com/2010/02/10/the-merry-go-round-by-w-somerset-maugham/  

Maugham’s characters share a great capacity to make themselves unhappy, and Miss Ley realizes that most of this stems from humans’ failure to understand their deepest motivations. So much unhappiness could have been spared these characters if they’d only understood themselves a little better. ・・・(中略)・・・ But it is that vast dichotomy that exists in most of us–the gap between who we think we are and who we really are–that trips up Basil. He thinks he can marry Jenny and make the best of it when in reality he patronizes her, is deeply ashamed of her and imagines that she “drags him down” to her level.

以上、以下のサイトより引用: https://swiftlytiltingplanet.wordpress.com/2010/02/10/the-merry-go-round-by-w-somerset-maugham/  

補註:
モームの The Merry Go Round を聴了。
作家バズ(Basil Kent)とジェニー(バーメイド、the beautiful barmaid Jenny)との結婚と、悲惨な結婚生活、そして悲劇的な破綻・・その経過を中心に、幾つかのカップル(恋人同士、夫婦)の愛と葛藤を、医師のフランク、そしてミス・レイの二人の視線を経糸にして織り成した人間悲喜劇のメリーゴーラウンド。どうしても(偶然に振り回されるのではなく必然的な進行として)、こうまでもうまくいかない男女の仲・・

まさに、Maugham’s characters share a great capacity to make themselves unhappy のこの世の現実が地獄の火に焼かれているような苦しみの世界。

・・それを繰り返し描くモーム。「アッシェンデン」(の中の大使の挿話)でも、「月と6ペンス」でも、「お菓子とビール」でも、「painted veil」(補註の補註*参照)でも、そしてもちろん「人間の絆」でも、モームは執拗に描かなければいられない、男女の葛藤。乗り超えるために描く・・しかし、それでも乗り越えられないからまた描かざるを得ない・・デジャヴューのようにもう一度回ってくるメリーゴーラウンド。

余談になるが、ジョージ・オーウェルの「アスピディストラ」を途中まで読んで(実際にはオーディオブックで聴いている)いて、その余りに無意味なお金事情に振り回される登場人物の詳細についていくのがつらくて終わりまで進めず、この「メリーゴーラウンド」へと迂回したのであったが、またまた辛い読書遍歴となった。オーウェルにしても、モームにしても、その明解平易な英語表現もあって私にとっては敷居の低いお気に入りの二人なのだが。この冬は気持ちの上でなぜか壁にぶつかっているようだ。

この冬に通読したものでは、たとえばアガサ・クリスティの「ナイル殺人事件」や「メソポタミア殺人事件」などは、同じく男女間の葛藤をプロットの中心部に扱ったものであっても、読んでいて本当のつらさは経験しないように上手に(?)描かれているのである。(ミステリーとしてジャンル的に当たり前のことだが)。一昨年に読んだ「Absent in the Spring」などにも、それが言える。クリスティー流の達人的男女の描き方のタッチ・筆の扱い方はそれはそれで人間国宝級である。

対照的に、モームの才能は、Maugham’s characters share a great capacity to make themselves unhappy ・・というわけだ。そして、モームがこれでも足りないとして書き連ねたように、私たちも繰り返し読み続けながら考え、そして多くの場合、モーム同様、乗り越えたくて、そして今も乗り越えられていないことを自覚・痛感させられるのである。

モームだけで終わるわけではない。私の場合、たとえば、「アンナ・カレーニナ」の英訳朗読の再々通読(通聴)の方は、かれこれ十年近くも前、途中で余りに辛くなって3分の2ぐらい(CDで19枚目)のところで止まっている。そろそろ再び冒頭から読み始めようかとも思わねばなるまい。思い返せば、ボヴァリー夫人の訳本も去年の夏に、鞄の中でS市とM市との間を何度も往復しながらも読み続ける根気なく途中で止まっているではないか。もともと私の場合は読書のスピードが大変に遅いのであるが、それだけの理由ではなく・・私にとってつらい読書もあるのである。

補註の補註 Absent in the Spring
A Mary Westmacott Novel  By: Agatha Christie
* Narrated by: Jacqui Crago
* Length: 6 hrs and 25 mins
* Unabridged
* Release date: 01-23-12
* Language: English
* Publisher: HarperCollins Publishers Limited

**

補註 朗読のイヴ・カープ女史の読みは秀逸だった。特に夫婦の喧嘩の場面は恐ろしいほどの迫力である。真に逼りすぎて、聴いていて冷や汗が出そうだ。寝る前に聴くと、目が冴えて眠れなくなってしまう。

**

補註*: The Painted Veil: ウィキペディアによると・・・
Plot summary[edit]

Maugham uses a third-person-limited point of view in this story, where Kitty Garstin is the focal character.
Garstin, a pretty upper-middle class debutante, squanders her early youth amusing herself by living a social high life, during which her domineering mother attempts to arrange a “brilliant match” for her. By age 25, Kitty has flirted with and declined marriage proposals from dozens of prospective husbands. Her mother, convinced that her eldest daughter has “missed her market”, urges Kitty to settle for the rather “odd” Walter Fane, a bacteriologist and physician, who declares his love for Kitty. In a panic that her much younger, and less attractive, sister, Doris, will upstage her by marrying first, Kitty consents to Walter’s ardent marriage proposition with the words, “I suppose so”. Shortly before Doris’s much grander wedding, Kitty and Walter depart as newlyweds to his post in Hong Kong. 以下、略。https://en.wikipedia.org/wiki/The_Painted_Veil_(novel) の全文を参照下さい。

**

補註 https://swiftlytiltingplanet.wordpress.com/2010/02/10/the-merry-go-round-by-w-somerset-maugham/ より<以下引用>

The Merry-Go-Round, an early and largely forgotten novel from W. Somerset Maugham is not considered his best, but it’s one of my favourites. The Merry-Go-Round was written in 1904 following Mrs Craddock(another great favourite) in 1902. The main character in Mrs Craddock isBertha Ley, and she’s the niece of Miss Mary Ley, the main character in The Merry-Go-Round.

Set in Edwardian England, The Merry-Go-Round concerns the troubled relationships between several people. The central character is Miss Ley, a fifty-seven-year-old spinster who inherits a comfortable sum of money from a cantankerous elderly aunt. Independent and strong-willed in her youth, in middle-age Miss Ley has very definite ideas about male-female relationships. As a keen observer of people, her sardonic, practical view of the foibles and vanities of human nature establish Miss Ley as a witty hostess. Soon her friends become involved in various relationships and mesalliances that put Miss Ley’s theories about life, love and marriage to the test. Miss Ley rather unexpectedly finds herself becoming a confidant, an advisor and also “a censor of morals.”  

Shortly after the novel begins, Miss Ley invites a handful of acquaintances to dinner, and this event introduces the main characters and kickstarts their stories, dramas and tragedies. Guests for the evening include: Mrs. Castillyon (whose husband is a member of parliament), Basil Kent, Dr. Frank Hurrell, Reggie Bassett and his overbearing mother Mrs. Barlow-Bassett, the attractive widow Mrs. Murray, Miss Ley’s cousin, Algernon Langton, Dean of Tercanbury and his middle-aged daughter Bella.

Over the course of the book, these characters plunge into love affairs and marriages for a variety of reasons and with a range of results. Barrister Basil Kent, a promising writer, although attracted to Mrs Murray, decides to do the honourable thing and offer marriage to the beautiful barmaid Jenny. Dr Frank Hurrell, a man whose “passions were of the mind rather than of the body” chafes at his career in Harley Street and longs for something unknown. Mrs. Castillyon, bored with her marriage, abandons herself in a destructive affair with Reggie Bassett, and Bella Langton at age forty falls in love with a twenty-year-old bank clerk named Herbert Field.

Maugham explores the relationships between unequals in his masterpiece Of Human Bondage. It’s obviously a theme that fascinated Maugham and in The Merry-Go-Round, there are three such inequitable relationships (one I shan’t mention due to spoilers). Bella Langton marries Herbert Field–a man considered her social ‘inferior’ and Basil marries Jenny against Miss Ley’s advice. The marriages have different results, and while Bella and Herbert love each other, there are additional factors which impact their relationship. Basil imagines a Pygmalion scenario–with himself, naturally, as the purveyor of culture and education, and Jenny as the eager, lowly and grateful pupil. After marriage, however, Jenny’s charms are lost on Basil and he quickly finds himself bored with his wife and ashamed to introduce her to his friends. He stashes her at home and then attends his social functions alone. Jenny of course, hasn’t essentially changed since Basil first cast eyes on her; Basil’s infatuation simply dies, and with his sexual enthrallment satiated, he loses interest. In doing the so-called honourable thing, and meeting the moral obligations he feels are demanded of him, Basil becomes unintentionally cruel and tragedy results.

It’s been more than 100 years since Basil’s creation, but many of us will still identify with his decision to ‘do the right thing.’ But just what is the ‘right thing’ is a question for some debate. Miss Ley is vehemently opposed to the match and she expresses her feelings unreservedly. In her view, Basil has already caused Jenny considerable damage which will only be compounded by marriage–an act she feels is motivated from “selfishness and cowardice.” Here’s Miss Ley giving Basil her opinion:

“Are you sure you don’t admire a little too much your heroic attitude?” she asked, and in her voice was a stinging coldness at which Basil winced. “Nowadays self-sacrifice is a luxury which few have the strength to deny themselves; people took to it when they left off sugar because it was fattening, and they sacrifice themselves wantonly, from sheer love of it, however worthless the object. In fact, the object scarcely concerns them; they don’t care how much they harm it so long as they can gratify their passion.”

In Basil’s case, Miss Ley sees the misguided passion as Basil’s drive to “sacrifice” himself by marrying Jenny. Basil is motivated by the desire to not seem like his mother, the one-time notorious Lady Vizard whose affairs (Basil imagines) scandalized society–when in fact prissy Basil was the only person outraged. Basil tends to place impossibly high standards of behaviour on people and is perhaps destined to be disappointed in his relationships:

“Basil had not the amiable gift of taking people as they are, asking no more from them than they can give: but rather sought to mould after his own ideas the persons with whom he came into contact.”

The relationship between Reggie Bassett and Mrs Castillyon remains, for me at least, the most fascinating relationship in the novel. While the vast social differences in Basil and Jenny’s marriage are certain to leave bitter recrimination, it’s uncertain just who is going to be the casualty in the twisted relationship between the shallow, spoiled, selfish, petulant Reggie, and the bored superficial Mrs Castillyon. Socially, Reggie is used to prostitutes and at first can’t believe his luck at discovering a ‘loose’ woman of his own class (a woman, he assumes, who will pay her own way). Reggie fails to understand that Mrs Castillyon is mainly a tease and initially has no intention of becoming his mistress. The scenes detailing the first steps in the affair between Reggie and Grace Castillyon are especially delightful. Invitations to tea and to the theatre mask elaborate games in which Reggie and Grace test and exploit each other’s boundaries.

Miss Ley doles out advice when asked and sometimes when she isn’t asked, and throughout the novel, she is also an observer of the silliness and hypocrisy of others. Lady Vizard’s compulsion to drop the occasional French word into conversation provides just the right degree of snobbery and pretension to the upper class set, and this develops into scorn when she discovers Basil’s marriage to Jenny. Some of the narrative is stiff, and the novel seems a little unkind to most of the working class characters who either steal (Jimmy Bush), get drunk (Bridger) or get “into trouble” (Fanny Bridger, Jenny Bush). On the other hand, the upper classes suffer from priggishness (Castillyon, Basil) and selfishness induced by boredom (Grace Castillyon, Reggie).

 補註 priggishness【名】 堅苦しさ、気取った不自然さ、学者ぶった言動

The first time I read The Merry-Go-Round many years ago, I thought that Maugham’s novel preached virulently against marriages between different classes. Now, however, I find myself moving away from that opinion. While Basil’s marriage to Jenny is disastrous, the third, completely unexpected, marriage that takes place between two characters may or may not be successful. Miss Ley seems to think that the marriage could well be the making of the weaker, shallow character–in spite of the class differences between the newlyweds. Perhaps it is safer to say that a marriage that begins as a “favour” to the other person or as a “sacrifice” is doomed to failure, and that at the very least, respect, if not affection must be present in order for the union to have a chance of success.

Maugham’s characters share a great capacity to make themselves unhappy, and Miss Ley realizes that most of this stems from humans’ failure to understand their deepest motivations. So much unhappiness could have been spared these characters if they’d only understood themselves a little better. Here’s Basil blaming his mistakes on society:

“In this world we’re made to act and think things because others have thought them good; we never have a chance of going our own way; we’re bound down by the prejudices and the morals of all and sundry….The world held up an ideal, and I thought they meant one to act up to it; it never occurred to me that they would only sneer.”

I don’t buy Basil’s theory that his actions were dictated by society–in his case it was rather the opposite. Everyone advised him not to marry Jenny. But it is that vast dichotomy that exists in most of us–the gap between who we think we are and who we really are–that trips up Basil. He thinks he can marry Jenny and make the best of it when in reality he patronizes her, is deeply ashamed of her and imagines that she “drags him down” to her level.

So at the end of the novel, The Merry-Go-Round has stopped. Some characters alight and some continue with their delusions. Some fortunate characters get a second chance at life, and some…do not.

https://swiftlytiltingplanet.wordpress.com/2010/02/10/the-merry-go-round-by-w-somerset-maugham/ プロットに関しては上記を参照下さい。

*****

********************************************

念仏が信心(まことのこころ)を生じる

2018年2月20日 火曜日 雪

阿満利麿 親鸞 ちくま新書886 2011年

念仏が信心(まことのこころ)を生じる

・・余人ではなく、この自分だけがどうしてこのような不幸な目に遭わねばならないのか。その理由を知って心底「納得」したかったにちがいない。くり返すが、「心底」という点が重要なのだ。一時の気休めでは「納得」することはむつかしい。(阿満、同書はじめに、p10)

・・私たちが自己の死を恐れるのは、自分が無意味な世界へ解消されてしまうからであろう。・・・(中略)・・・
・・死をふくめて私たちのさまざまな限界状態に対して、「意味づけ」をする、しかも「究極的な意味づけ」をするのが「宗教」の重要な役割なのである。「心底」、納得できる「意味づけ」、それが「宗教」なのである。(阿満、同書はじめに、p12, p14)

**

・・ひらたくいえば、法然はひたすら念仏を説いたが、親鸞は念仏すればなぜ仏になることができるのか、その根拠を明らかにしようと努めた。それが・・「信心」である。念仏が「信心」(親鸞は「まことのこころ」とよむ)を生じるがゆえに仏になるのだ、と。(阿満、同書、p28)

**

六道輪廻
ウィキペディアによると・・・
六道(ろくどう、りくどう)とは、仏教において、衆生がその業の結果として輪廻転生する6種の世界(あるいは境涯)のこと[1]。六趣、六界ともいう[1]。六道には下記の6つがある[1]。
* 天道(てんどう、天上道、天界道とも)
* 人間道(にんげんどう)
* 修羅道(しゅらどう、阿修羅道とも)
* 畜生道(ちくしょうどう)
* 餓鬼道(がきどう)
* 地獄道(じごくどう)
このうち、天道、人間道、修羅道を三善趣(三善道)といい、畜生道、餓鬼道、地獄道を三悪趣(三悪道)という[1][2]。ただし修羅道を悪趣に含めて四悪趣(四悪道、四趣)とする場合もある[1][3]。六道から修羅道を除いて五道(五悪趣、五趣)とすることもある[1][4]。

このうち、地獄から畜生までを三悪趣(三悪道、あるいは三悪、三途)と呼称し、これに対し修羅から天上までを三善趣と呼称する場合がある。また地獄から修羅までを四悪趣と称することもある。
また六道から修羅を除いて五趣(五道)と称すこともある。初期仏教では、地獄・餓鬼・畜生・人間・天上を五趣とし、修羅はなかった。つまり五趣の方が六道より古い概念とされる。これは当初、修羅(阿修羅)が、天部に含まれていたもので、大乗仏教になってから天部から修羅が派生して六道となった。したがって、これらを一括して五趣六道という。

輪廻とは、サンスクリット語のサンサーラ(संसार saṃsāra)に由来するヴェーダ、仏典などに見られる用語で、人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること、また、そう考える思想のこと。漢字の輪廻は生命が無限に転生を繰り返すさまを、輪を描いて元に戻る車輪の軌跡に喩えたことから来ている。なお、リンエではなく、リンネと読むのは国語学上の連声(れんじょう)という現象である(リン+エ=リンネ)。
インド圏以外における総論については「転生」を参照
インド哲学において生物らは、死して後、生前の行為つまりカルマ(梵: karman)の結果、次の多様な生存となって生まれ変わるとされる。インドの思想では、限りなく生と死を繰り返す輪廻の生存を苦と見、二度と再生を繰り返すことのない解脱を最高の理想とする。

六道輪廻をあらわしたチベット仏教の仏画。恐ろしい形相をした「死」が輪廻世界を支配している

ウィキペディアによると・・・

ヒンドゥー教における輪廻

https://ja.wikipedia.org/wiki/輪廻

ヒンドゥー教の前身であるバラモン教において、はじめて断片的な輪廻思想があらわれたのは、バラモン教最終期のブラーフマナ文献[注 1]ないし最初期のウパニシャッド文献[注 2]においてである。ここでは、「輪廻」という語は用いられず、「五火」と「二道」の説として現れる。『チャーンドーギヤ』(5-3-10)と『ブリハッドアーラニヤカ』(6-2)の両ウパニシャッドに記される、プラヴァーハナ・ジャイヴァリ王の説く「五火二道説」が著名である。
五火説とは、五つの祭火になぞらえ、死者は月にいったんとどまり、雨となって地に戻り、植物に吸収されて穀類となり、それを食べた男の精子となって、女との性的な交わりによって胎内に注ぎ込まれて胎児となり、そして再び誕生するという考え方である。二道説とは、再生のある道(祖霊たちの道)と再生のない道(神々の道)の2つを指し、再生のある道(輪廻)とはすなわち五火説の内容を示している[1]。
これが、バラモン教(後のヒンドゥー教)における輪廻思想の萌芽である。そして様々な思想家や、他宗教であるジャイナ教、仏教などの輪廻観の影響も受けつつ、後世になってヒンドゥー教の輪廻説が集大成された。すなわち、輪廻教義の根幹に、信心と業(カルマ)を置き、これらによって次の輪廻(来世)の宿命が定まるとする。具体的には、カースト(ヴァルナ)の位階が定まるなどである。
行為が行われた後、なんらかの結果(梵: phala)がもたらされる。この結果は、行為の終了時に直ちにもたらされる事柄のみでなく、次の行為とその結果としてもまた現れる。行為は、行われた後に、なんらかの余力を残し、それが次の生においてもその結果をもたらす。この結果がもたらされる人生は、前世の行為にあり、行為(カルマ)は輪廻の原因とされる。
生き物は、行為の結果を残さない、行為を超越する段階に達しない限り、永遠に生まれ変わり、生まれ変わる次の生は、前の生の行為によって決定される。 天国での永遠の恩寵や地獄での永劫の懲罰といった、この世以外の来世は輪廻のサイクルに不均衡が生じるため、ありえないことと考えられた[2]。
これが、業(行為)に基づく因果応報の法則(善因楽果・悪因苦果・自業自得)であり、輪廻の思想と結びついて高度に理論化されてインド人の死生観・世界観を形成してきたのである。

仏教における輪廻  ウィキペディアによると・・・https://ja.wikipedia.org/wiki/輪廻

仏教においても、伝統的に輪廻が教義の前提となっており、輪廻を苦と捉え、輪廻から解脱することを目的とする。仏教では輪廻において主体となるべき我、永遠不変の魂は想定しない(無我)[3]。この点で、輪廻における主体として、永遠不滅の我(アートマン)を想定する他のインドの宗教と異なっている。

無我でなければそもそも輪廻転生は成り立たないというのが、仏教の立場である。輪廻に主体(我、アートマン)を想定した場合、それは結局、常住論(永久に輪廻を脱することができない)か断滅論(輪廻せずに死後、存在が停止する)に陥る。なぜなら主体(我)が存在するなら、それは恒常か無常のどちらかである。恒常であるなら「我」が消滅することはありえず、永久に輪廻を続けることになり、無常であるなら、「我」がいずれ滅びてなくなるので輪廻は成立しない。このため主体を否定する無我の立場によってしか、輪廻を合理的に説明することはできない[3]。
仏教における輪廻とは、単なる物質には存在しない、認識という働きの移転である。心とは認識のエネルギーの連続に、仮に名付けたものであり[4]、自我とはそこから生じる錯覚にすぎないため[4]、輪廻における、単立常住の主体(霊魂)は否定される。輪廻のプロセスは、生命の死後に認識のエネルギーが消滅したあと、別の場所において新たに類似のエネルギーが生まれる、というものである。[5]このことは科学のエネルギー保存の法則にたとえて説明される場合がある。[6]この消滅したエネルギーと、生まれたエネルギーは別物であるが、流れとしては一貫しているので[注 3]、意識が断絶することはない。[注 4]また、このような一つの心が消滅するとその直後に、前の心によく似た新たな心が生み出されるというプロセスは、生命の生存中にも起こっている。[5]それゆえ、仏教における輪廻とは、心がどのように機能するかを説明する概念であり、単なる死後を説く教えの一つではない。

**

*****

********************************************