エッセイ集「草の戸から」

*****

エッセイ集「草の戸から」

日々の記録と徒然のエッセイです。

*****

学ぶこと問うこと

歴史の心

続けてトレーニング(筋トレ・自転車、数学や物理、語学や古典の学習など、楽しみながら続けています)

まちかど紀行

雑記帳

*****

読書ノート総合目次へ

読書ノートの扉:芥川の「かえる」など

読書ノート 哲学のページへ

読書ノート カタストロフィーのページへ

**

医学研究者として:

私の研究:癌に対する標的治療法の開発・その他(大学を卒業してから32年間、難治性の癌に対する新しい治療法の開発を目指して研究を続けました。その歩みを振り返ったり、「我が子たち」を応援したり。)

今後の方向 2019.03.31

坑TROP2抗体の臨床治験

肺癌プロジェクトの現在地点

標的化抗体探索の歴史

関連して: ニュースなど

癌治療薬の開発が加速 2019.03.31

**

農にたずさわって:

2013年の3月末、少しだけ早く大学での研究職を卒業し、農業者としての人生を始めました。理想は、地に足をつけて百姓をしながら、さらに市民科学者としても世に貢献することを目指しています。が、今のところは、たとえば「お百姓入門コース初級」の小学生といった塩梅です。さまざまに失敗しながら学び、おかげで新鮮で楽しいことも多いのですが・・。ときどき報告を追加していきたいと思います。

ガーデンファーム: 扉のページへ。http://quercus-mikasa.com/gardenfarm

ブドウ畑とワイン: 扉のページへ。http://quercus-mikasa.com/vineyard

エッセイ: 市民科学者として生きる http://quercus-mikasa.com/archives/488

エッセイ: 安心な老後について http://quercus-mikasa.com/archives/3095

**

最近の投稿へ戻る

HOMEへ戻る

********************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA