「晴耕」と「雨読」の関係

不生庵さんの「畑に家を建てる」から「晴耕」と「雨読」の関係

2015年4月10日 金曜日 晴れのち曇り

晴耕雨読の生活:読書と作業、両者のいずれにも淫することなくバランスを取って一日を過ごす:

不生庵さんからはその充実したWEBサイトを通じて多くのことを学ばせていただいている。新しいブログのアップもいつも楽しみに読ませていただいている。

*****

不生庵さんの晴耕雨読の生活

不生庵さんの「畑に家を建てる」から、以下引用:

バランスを取ること: メインは、やはり本を読むことである。晴れていようが、降っていようが、興の赴くままに本を開く。読書に倦んだときに・・・畑に出て作物の面倒を見る、これが現代の晴耕雨読の実体なのだ。・・・要するに、本を読むことと作業することのいずれにも淫することなく、両者のバランスを取って一日を過ごすのが「晴耕雨読の生活」なのである。(http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/relation.html)

ムキにならずに: 問題は持続。 10年15年と土にまみれた暮らしを続けていると、心の下底に自ずと根を張ってくるものがある。これが大事なのだ。  私は百姓仕事を継続して続けることがなかったら、自身の思想、信条のすべては、根のないタワゴトに終わっていたろうと考えている。 ダメ人間の私が、僅かながら自分を肯定し、己の言説に自信を持ちうるとしたら、それは中年以後根気よく百姓仕事を続けてきたからだ。 (http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/relation.html)

スタートは早めに: 活力が残っているうちに・・・やはり自分の畑を持った方がいい。 畑を手にいれたら、その片隅に拠点を作ることである。階下を農機具置き場にして、二階を休息の間とする。・・・場所がどこであれ、農地を手にいれようとしたら、農地委員会との交渉とかいろいろ面倒なことが多い。それらをあまり苦にしないで身軽に動ける若いうちに、早々と手を打っておくに限るのである。(http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/relation.html)

*****

**********