philosophy」カテゴリーアーカイブ

荘周は人間存在の本質を考究した

2016年12月5日 月曜日 曇り

2016年12月9日 金曜日 雪(しんしんと降り続いている)

2016年12月14日 水曜日 どんよりと曇り のちお昼過ぎから晴れ

**

鈴木修次 荘子 人と思想38 清水書院 昭和48年(1973年)

荘周哲学
「荘子」の本質
「荘子」思想の出発が老子にあることはいうまでもないが、それとともに他方楊・墨にもある。・・楊子学説の考えが、「荘子」思想の基底に横たわっていることはたしかである。  「荘子」は、人間の平等を説き、反戦を説く墨子から、また強い影響をうけた。・・墨子に発するこうした思想家群は、すべて反体制的立場をとる。それらの考え方を肯定し、血肉にした「荘子」は、したがって、そもそもが反体制的方向にたった思想である。ただ「荘子」は相対社会からの超脱ということを、その発想の基点にすえる。そのためにその思想は、脱体制の方向に向いていく。・・しかし「荘子」は、体制に即しての観念論を説くものでは、絶対にない。反体制に即しての脱体制を説くのであって、脱体制思想の元祖でもある。それゆえ、清談の思想と「荘子」とは通い合い、ヒッピーの哲学と「荘子」とは通じ合うものがある。  「荘子」の最初のすぐれた理解者である阮籍(げんせき)(210-263)は、「達荘論」において言った。荘周は存在の本質を考究したのであって、稷下(しょくか)の学者たちと辯を争ったのではない、と。その見解は正しい。稷下の学説をいちはやく咀嚼しながら「荘子」は、終始一貫、もっとも根源的問題である人間存在の本質を考え続け、ここに偉大なる知恵を確立させたのであった。(鈴木修次、同書、p148-149)

*****

補註 稷下(しょくか)の学士 ウィキペディアによると・・・
稷下の学士(しょくかのがくし)は、中国の戦国時代、斉の国都である臨淄に集まった学者たちである。臨淄の城門のひとつである「稷門」の近くに住んだことから、この名がある。

*****

********************************************

荘子 全訳注

2016年12月1日 木曜日 雨

池田知久・訳注 荘子 上・下 全訳注 講談社学術文庫 2014年

**

補註 講談社学術文庫がずらりと並んでいる中で、杜甫全詩の訳注3冊はいわゆるレンガ本で、実に分厚い。今度は、それに負けないレンガ本、「荘子」をめくってみている。

**

「荘子」の文章の重厚と軽妙は、・・斉物論篇の「朝三暮四」の寓話を含めて、同一の個所において、相互に交錯し合って現れる。その原因・理由は、重厚の源である自己の内に向かって沈潜していく下方向と、軽妙の源である自己の外に向かって飛翔していく上方向が、結局のところ、全く同一のポイントに向かって進んでいる、言い換えれば、同じ究極的根源的な「道」を目指している、ことから来るように思われる。
 「荘子」の魅力の秘密は、人間としての真の生を定立するという目標に到達するために、さまざまの方向から「道」を探究していることそれ自体の中にある、ということができるかもしれない。(池田、同書、始めに、p12)

**

原文は、テキストの底本として、現存する諸テキストの中で最古かつ最善と考えられる、続古逸叢書本「宋刊南華真教」を採用した。(池田、同書、凡例、p42)

**

補註 續古逸叢書本「宋刊南華真教」について、
《續古逸叢書》本《南華真經》《郭 象 子玄 註 陸 德明 音義》。 – 中國哲學書電子化計劃のウェブサイト http://ctext.org/library.pl?if=gb&res=77726 で(画像本として)公開されていて、容易に閲覧することが可能になっている。そのの文字・電子化版も見ることができ、対照することができる。たとえば、北冥有魚其名為鯤鯤之大不知其幾千里也化而為鳥其名為鵬
http://ctext.org/wiki.pl?if=gb&chapter=121084#lib80286.11
一方、同じ中國哲學書電子化計劃のウェブサイト http://ctext.org/zhuangzi/enjoyment-in-untroubled-ease/zh で、「荘子」の原文・電子化版を閲覧できる。ただし、何に準拠して「原文」としたかについては、簡単には調べられなかった。いずれにせよ、勉強するには、良い環境が整えられてきていると言えよう。

補註 『古逸叢書』ウィキペディアによると・・・
『古逸叢書』(こいつそうしょ)は、清末の光緒10年(1884年)に黎庶昌によって日本で出版された叢書。全200巻よりなり、26種類の書物を収める。日本に存在する、中国では失われた漢籍や善本を集めて覆刻している。
『続古逸叢書』は中華民国で1919年以降に上海商務印書館から出版された。47種の書物を影印により収録している。『古逸叢書三編』は中華人民共和国で1982年以降に中華書局から出版された。43種の書物を影印によって収録している。いずれも日本とも『古逸叢書』とも直接の関係はなく、古く珍しい漢籍を集めてなるべく原本に忠実に再現しようとしたものである。(以上、ウィキペディアより引用)

***

*****

********************************************

善悪の二つ存知せざるなり

2016年8月5日 金曜日 極めて暑い

筧次郎 ことばのニルヴァーナ 歎異抄を信解する 邯鄲アートサービス刊 2004年

辛い労働と貧しい暮らしと孤独に直面して打ちのめされそうになったとき、私は「歎異抄」の「善悪の二つ総じてもって存知せざるなり」という親鸞聖人の言葉を初めて了解(りょうげ)したのです。(筧、同書、p223)

親鸞聖人の言葉に出会って、私は「世の中を変えよう」という気持ちを捨てました。それをきっかけに心がずいぶん軽くなり、百姓暮らしの中に豊かさや楽しさを見いだすことができるようになりました。(筧、同書、p225)

*****

科学技術の発展が欧米の豊かさをもたらしたように思っている人が多いのですが、科学技術は富を創り出したのではなく、富を集める道具を創り出したのです。・・現代の工業機械も形こそ違うが武器のような役割を果たして、南の国の人々の富や労働を奪っています。(筧、同書、p222)

*****

「・・商いをもし田畠を作りて過ぐる人も、ただ同じことなり。さるべき業縁の催せば、いかなる振る舞いもすべし」とこそ、聖人の仰せ候いしに、・・(筧、同書、p161に引用されている歎異抄、第十三条)

*****

********************************************

反逆者(Rebel)トルストイ

2016年7月29日 金曜日 朝から降り続く強い雨

武藤洋二 紅葉する老年 旅人木喰から家出人トルストイまで みすず書房 2015年

死ぬまで反逆者(Rebel)であり続けたトルストイ

トルストイは一つの輪である。それは小さな玉のつらなりである。それぞれの玉は、反権力、非暴力、土地私有反対、不戦反戦等々の立場をになっている。それらはたがいに補いあうと同時に衝突し両立しない場合がある。・・・(中略)・・・宗教的安心、仏教の悟りに近いものを最終期のトルストイに見ようとするのは、死ぬまで反逆者であり続けた者を、安らかな死に場所を求めて家を出たありきたりの高齢者にしてしまう。  トルストイの輪は死ぬまで振動し、うわごとの中でも輪が作動している。(同書、p240)  トルストイの土地私有反対を権力否定と切り離せば、彼が長年主張し続けた自由、寛容、国家への服従拒否、処刑と暴力と強制の廃止などは消えてしまい、土地私有制廃止が土地国有制という鬼子、絶対的権力支配を生みだす。処刑、暴力、強制、国家権力の否定否認のこのつらなり、この輪の中でこそトルストイの土地私有反対が意味をもつ。(同書、p242)

*****

家出はソフィアの存在が原因ではなく、トルストイ内部の政治的決着である。この激変なしにはトルストイの言動の体系は「言葉、言葉、言葉」(ハムレット)になって空中分解する。政治的破綻のふちで、ソフィヤはトルストイに家出決行のきっかけを与えてくれた。(武藤、同書、p251)

*****

人生の紅葉期こそ陽気さが必要である。しかし、醜、弱、衰ぬきの紅葉期は非自然の作り話である。だから小さな本書にも、陽光が照っている所もあれば鬼火が燃えているところもある。ただ地底に陽気さが満ちていればいい。(武藤、同書、p259)

*****

********************************************

トルストイの最晩年

2016年7月26日 火曜日 晴れ

武藤洋二 紅葉する老年 旅人木喰から家出人トルストイまで みすず書房 2015年

トルストイが小説、戯曲、評論、日記、手紙を大量に書き、皇帝をいさめ、テロリストを批判し、教会を叱り、合法的な死刑をふくむあらゆる暴力について抗議し、一人の人間の活動とは思えない超人的な労働を日々行っており、ロシヤ文学は何をしているんだ、なぜ沈黙しているのだという非難があびせられることはないので、他のロシヤ文学者たちは、ゆっくりとかまえることができる。トルストイは、したがって、誰よりも休息する資格がある。しかし、死ぬ前ぐらいはゆっくりしよう、などと考えもしないし望まない老人である。(武藤、同書、p202)

どのような願いを書こうが死は常に白紙である。死は出たこと勝負である。したがって死は人生最後の冒険である。(武藤、同書、p206)

*****

トルストイの墓の場所について一つの言いつたえがある。そこには緑の棒が埋められていて、それには文字がきざまれているーーー「全ての人を幸福にするにはどうしたらいいか」。トルストイはこの問いの中で眠っている。(武藤、同書、p258)

*****

********************************************