私は真実を知りたい

 

2012年9月5日 水曜日。

 

藤永さんの今日(注:2012年9月5日)のブログから。去年のリビヤに関するコメントの引用。 <以下引用> 「しかし、今こうして彼らの発言とマスメディアの報道を蒐集保存しておけば、 3年も経たない内に、彼らが正しかったか、それとも、私の悲観的見方が正しかったか、がはっきり分かると思うからです。「それが分かって何になる」という声が聞こえてくるような気がします。その通りです。あと3年、生きているかどうかも全くあやしい私にとっては、尚更のことと言えましょう。けれども、やはり、私は真実を知りたい。生半可な絶望の中に没するよりも、絶望を確認してから死ぬほうが、日本人らしい選択だとは言えませんか?」 <引用終わり>

予定ではデッドリフトの日なのだが、日曜日のスクワットの脚の疲労が抜けず、昨日の夜の頭痛のこともあり、トレーニングの用意を持ってラボをでたものの、バス停に着く頃には今日はデッドを延期して早めにうちに帰って休むことにしてしまった。

会議が延々と3時間も続いていたことも疲労の原因かもしれない。ただし、教授総会と研究科委員会との合間の数分を利用して、持参したホットケーキ3切れとにんじんジュースを廊下の端でぱっぱっと食して、続く長時間の会議に備えることができたので、比較的疲労なく夜を迎えられてはいたのだが。

食料を少しでも用意して、会議の間に食べるようにするとからだが保てそうだ。次回も用意してバッグに詰めて会議に臨むことにしたい。

久しぶりにバーミヤンで夕食。鶏肉とカシューナッツ炒め、エビとホタテと夏野菜のこしょう炒め、それにライス。

*****

 

以上、2012年9月5日付けの日記より  2年前のこの頃は単身赴任で八王子に住んでおりました。

 

********************************************